共済
1.営利を目的としないこと
  共済事業は、営利(出資者に最大の配当をするために事業を行う)を目的とするのではなく、組合員が自ら運営する
  ことを通じて、組合員に最大の奉仕をすることを目的として事業を行っています。会社の行う保険事業は、株主や社
  員への配当を目的とする営利事業ですから、この点が最も大きな違いと言えます。

2.加入対象者
  共済は原則として組合員やその家族が加入することができるのに対し、保険は不特定多数の者を対象に営業すること
  ができます。

3.根拠法
  JA共済は「農業協同組合法」、生協や労働組合の行う共済は「消費生活協同組合法」、JF共済は「水産業協同組
  合法」、というように各々の関係法令に基づいて実施されているのに対し、保険は「保険業法」に基づいて実施され
  ています。
  なお、加入者の権利義務などの基本的なルールについては、共済・保険に共通して適用される「保険法」に基づいて
  います。

JA共済をもう少し詳しく
「ひと」に関する保障
「一生涯の保障をしっかりとしたい」という方へは、終身共済をおすすめします。
入院や手術はもちろん、がんの治療や先進医療などもしものときの幅広い医療リスク
にしっかりと備えることができます。
がんと闘うための安心を一生涯にわたって保障し、あなたの「生きる」を応援します。
万一のときの保障と、貯蓄性のある共済です。万一と計画的な貯蓄への備えが両立できます。
まとまった資金を活用して一生涯の万一(死亡)保障と将来の安心を確保することが できます。
幅広い要介護状態に備えられる充実保障です。介護の不安に一生涯、備えられます。
まとまった資金を活用して一生涯にわたり介護保障を確保することができます。 万一の場合には死亡給付金をお受け取りになれます。
豊かな老後のための安心と楽しみを兼ね備えたセカンドライフを支える年金共済です。 定期年金タイプと終身年金タイプからお選びください。
「いえ」に関する保障
「建物更生共済むてきプラス」なら、ひとつの共済で、火災や台風だけでなく、地震にも、ケガにも、
しっかり備えることができます。
「くるま」に関する保障
詳細はこちらからご確認ください▶▶▶
自動車共済・自賠責共済
大きな安心があなたを守ります。
わたしたちの暮らしのなかで車は欠かせないものとなっている一方で、交通事故は常に発生しています。
不慮の交通事故に備えて、JAの自動車共済・自賠責共済へのご加入をおすすめします。

JA共済の保障(仕組み)についてわからないことがございましたら、お近くのJAの「ライフアドバイザー」もしくは
窓口の「スマイルサポーター」にご相談ください。