ケイトウ
那賀町(旧相生町)において、平成元年より本格的な栽培に着手して、
他産地にまねのできないコンパクトなケイトウ生産技術を確立し、仏花
(組み花)としての需要を開拓しました。
ケイトウへの取り組み
「消費者ニーズにあった規格で品質の高い切花を
必要な時期に必要な量を供給」する体制を可能にしました。
近年、関東地方から始まり九州地方の各市場から
出荷を求められ、それに対応できる生産量の確保、
消費者・市場ニーズへの対応と有利販売など需要に
合わせた計画生産、計画出荷の販売体制づくりを再度確立しました。
只今詳細データーを更新中です。
「けいとう」をもっと知る
只今詳細データーを更新中です。