事業
JAアグリあなんは人と人のつながりを大切にします。
地元に愛される企業として
組合員の安定経営をバックアップ
地域密着型の創業事業を一環として
日々努力をしています。
信用事業
信用事業は、貯金、融資、為替、国債窓販などいわゆる銀行業務といわれる内容の業務を行っており、
組合員や地域のみなさまに信頼できるサービスのご提供、信頼にお応えする地域の金融機関を目指しJA
バンクグループは、独自の「JAバンクシステム」(注)と公的な「貯金保険制度」とが連携した2つ
のセーフティネットで、みなさまの大切な貯金をお守りして、安心してご利用いただけます。

詳細を見る▶▶▶
共済事業
JA共済は、「相互扶助(助け合い)」を事業理念としています。
「ひと・いえ・くるま」の総合保障で大きくサポートJA共済は組合員・地域の皆さま
の暮らしのパートナーでありたいと考えています。「ひと・いえ・くるま」の総合保障
で、毎日の生活を大きくサポートします。

詳細を見る▶▶▶
営農事業
営農指導事業は、組合員の営農を指導し、その改善を図っていく重要な事業です。
JAの営農指導は、単に技術指導を行うだけでなく、組合員の農業経営全般につい
て指導し、地域営農集団の育成など、協同して合理的な農業経営を確立するよう働
きかけていくものです。すなわち、生産から流通までの仕組みをJAの総合的な力
で指導援助することによって、個々の農家では難しい所得の増大を集団の力で実現
していこうというものです。
指導事業
良質な作物や新しい品種の研究・開発、低コスト農業の取り組み、組合員や地域
に向けたJA情報の提供を行っています。
詳細を見る▶▶▶
購買事業
購買事業は、生産資材事業と生活資材事業に分類することができます。生産資材事業は、消費者にご安心・ご満足
して頂ける農畜産物をお届けするため営農指導と連携し、農業生産に必要な生産資材を組合員に有利に供給する事業
です。
肥料・農薬・園芸資材・飼料・農業機械等の事業があります。生活事業は、組合員ニーズにお応えし、日常生活に必
要な商品を取り扱っています。精米(阿波美人)・LPガス・石油・自動車・農舎・住宅・電気製品・生鮮食品等が
あります。また、農業機械のアフターサービスも全農と一体となって行っています。

販売事業
販売事業は、青果事業、農産事業、畜産事業に分類することができます。
青果事業では、組合員が「安全・新鮮・高品質」をモットーに生産した青果物(野菜・果実・花き等)を取り扱い しており、消費者に安心・信頼していただけるよう「定時・定量・定質」を合言葉として、共販体制の向上にも取 り組んでいます。
農産事業は、組合員が丹精込めて作った米麦等の集荷・販売を行っています。米麦の生産は、国・県・等の農政 と密接な関係にあり、平成7年11月1日施行の新食糧法のもと、JAは、第一種登録出荷取扱業者としての業務 を担っています。また、組合員が生産した「安全・美味なお米 阿波美人」として消費者の食卓にお届けしています。
畜産事業では、組合員が生産した肉牛・肉豚等を全農・大阪食肉市場・高知等で処理・加工し、(株)コープ食 品・全農等を通じて量販店等に販売しています。
JAやJA四国くみあい飼料(株)では、畜種別に飼養プログラムを作成し、消費者に「安全で新鮮な畜産物」を お届けするため、組合員と共に研究を重ねています。
各種の農産物を、生産農家から消費者へ新鮮かつ安全に提供していく事業です。